SHOP twitter

informationalaffairs:

 89. Wright, Barton. Hopi Kachinas: The Complete Guide to Collecting Kachina Dolls. Flagstaff: Northland Press, 1977. 

(nbqxから)

最後の変人奇人が死んだときが、その文明の終わりだ。

イギリスは変人奇人の名産地だった。みんな横着で、ベッドに横たわったまま、何もせずなまけ病のまま死んだやつもいたし、自分の地所を散歩しながら木になっている果物をもぎ取らずに、木についたままかじっていた不精者もいたそうだ。そのほうがよっぽど面倒くさいだろうに。

W.S.バロウズ スーザン・ソンタグとの対談 「ウィリアム・バロウズと朝食を」所収
(via nnnsht) (via re-vu) (via johnnychallenge) (via sabotenbrother)
(via hibiky) (via suigetusawa) (via tigerbutter) (via jasminoides) (via yuco) (via naotake, chronopolis09) (via yasunao-over100notes) (via suyhnc) (via hsmt) (via jesuisunechatte) (via yellowblog) (via dorelax) (via edieelee) (via ishida)

(元記事: ForGIFs.com (junmykから))

(元記事: ForGIFs.com (junmykから))

なぜ、母親を人間扱いしてこなかったのか。きっと、その根底には「恐怖心」があるのだと思う。ママにも性欲があるだって? ママが子供のことをかわいいと思ってないって? いやいや、何バカなこと言ってんの。そんなこと、あるわけないっしょ。ハハハ。……という感じで、ママが人間であることを、受け入れるのが怖いのだ。このマザコン野郎め! リアルなマザコンとは、「ママ~」と言ってバブバブ甘える男のことではなく、母親の中に存在する多様な人間性を認められない男のことを指すのかも?
「隠された知識」をひとつ。或る高名な日本宗教の学者が、院生の私に語った。「もうフィールドワークは信じられない。どんな沖縄の離島や北の果てに言って古老や巫女に取材しても、みなすでにエリアーデや柳田や折口を要約ででも読んでいて話を合わせてくるんだ。真の古い知恵なんてもう存在しない」。
ohsamiam:

Lisbeth Zweger, ‘The little mermaid loved to hear tales’

ohsamiam:

Lisbeth Zweger, ‘The little mermaid loved to hear tales’

(元記事: illustrationcupboard.com (bibidebabidebooから))

ohsamiam:

Illustration from Album Fée by Hélène Guertik, 1950

ohsamiam:

Illustration from Album Fée by Hélène Guertik, 1950

(bibidebabidebooから)

砂糖を使おうとフタを開けたらカチカチに固まって使いにくい…なんてことはありませんか。
湿気が原因と思うかもしれませんが、じつはこれ、乾燥が原因。水を1滴垂らして3時間待てば、もとのしっとりやわらかい状態に戻すことができるのです。

(mmqqbbから)

「悪質なものなどいらない。良質なものだけ最初から集めればいい」という人は、「質というものは常に量の中にしか存在しない」という法則を忘れているか、あえて無視しているとしか思えない。
米ニュースサイト「yourjewishnews.com」の13日付の報道によると、
アフリカ西部ナイジェリアのマクルディにある市場で最近、殺される前のおんどりが突然、
アラビア語をしゃべりだし、市場に集まった人々を仰天させた。中国・環球網が15日伝えた。

地元警察によれば、このニワトリの話が伝わると町は大混乱となり、警察がニワトリを保護した。
すると人々は“しゃべるニワトリ”を一目見たいと警察署に殺到。多くの人が集まり、交通事故が起きる恐れもあったため、警察が催涙弾で退散させたという。

報道によると、殺される前に生き物が「しゃべった」というケースは過去にも報じられている。
英BBCによれば、2003年、米ニューヨークで男性がさばこうとした魚が突然、
「注意しろ、世界の終りがやってきた」と話し、男性は驚きのあまりけがをしてしまったという。